Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン
(o・ω・o)

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、おすすめの自作PC構成やPCパーツ、ガジェットの情報を配信中

【動画編集ソフト】Davinci Resolve16に触れてみた【PublicBeta3】

2019年09月20日
その他動画系 0

WS2019KM000308
DaVinci Resolve 16 | Blackmagic Design

無償で使える高機能な動画編集ソフト(制限はある)として話題のDavinci ResolveのVer16(Public Beta3)に触れてみたので簡単に感想を……。

ちなみに触れたばかりのなので、まず使い方がわかっていないし、エンコード速度の確認等で2、3本の動画を編集して出力してみただけなので本当に触りだけ。だから、感想文程度であってレビューというほどのものじゃないのであしからず。

とりあえず使うならば最新Verがいいかもしれない

WS2019KM000310

まず最初にDavinci Resolve16のほうのDLからファイルを持ってきたら、動画や画像の読み込みがバグっていて使えなかった。

症状としては動画や画像を取り込んでも、動画も画像もプレビューには表示されず、サムネイルも原色に近いノイズの線が走っている状態になった。ただ動画の音声は普通に再生されていた。

ちなみに何度かソフトを再起動しているうちに偶然読み込めることがあったせいで、初期設定が悪いのかと泥沼にハマった感じ。原因は不明のまま。トホホ( ;´д`)ノ|柱|

.

で、改善しないのでどうしたものかと悩んだ結果、最新っぽいDavinci Resolve16(Public Beta3)ならばどうだろう、とDLしてきたら、これがあっさりと解決!! 上に貼り付けた画像でもわかるように動画も画像も正常に読み込めるようになった。

(о´∀`о) 同じような症状の人は最新版を使おう!

ここからが本番。触ってみただけの、ちょっとした感想

Davinci Resolveにおける動画編集の流れは、まず動画の作成に必要な動画や画像、音声ファイル、効果音などの素材をPC上から一箇所に集めることから始まる。

その後、タイムライン上に複製された素材を配置し編集していく。いくつかの効果は有償版でしか使えない(正確には画面いっぱいに宣伝が入る)が、それでも幾つかの効果やトランジションは無償のまま使用可能。

ある程度は直感的に操作ができるし、テキストを登場退場させるようなこともやり方さえわかれば簡単にできる。文字の縁取りも普通にできたし。

WS2019KM000309

それである程度の動画の構成や編集ができたらカラーを調整し、動画に使う音声のノイズ除去や作成している動画に合わせてマイクから録音してアテレコすることも簡単にできた。

これらは一連の流れのように書いたけれど、必要に応じてそのときそのときに必要な作業をすることが可能。もちろん、一度終えた作業に戻ることもできる。

で、色々と終わったらレンダー(エンコード)を行うのだけど、タスクマネージャでCPU使用率やGPU使用率を見ていた感じだと、基本的にはCPUを使ってレンダリング(エンコード)している様子。

あまりフィルタを使う編集をしなかったので、お試しで出力した感じだとエンコード速度は速くもなく遅くもなく……という感じだった。

  

.

出力された動画を真空波動研で見てみると……

.

名称未設定.mp4]
1920x1080 8Bit AVC/H.264 Main@4 Unspecified Progressive 30.00fps 2549f 48453.61kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 195.57kb/s
[Extra][2]
ISO Base Media v1
MetaData
[MPEG4] 00:01:24.966 (84.966sec) / 516,738,658Bytes

真空波動研Lite 170720 / DLL 170720 Unicode

.

特に設定はせず(MP4で出力するようにはした)でこんな感じ。フルHDサイズで48Mbpsなのでビットレート不足にはまずならなそうで何より。

.

.

で、簡単に触れた感じではできることもあればできないこともあるし、制限されているものもあるんだろうけれど、普通に完成度の高い動画編集ソフトといったところ。PCに何かしら動画編集ソフトを入れようと思ったら普通に入れておいて損はないかと……。

ただ、たまに強制終了するので、こまめなプロジェクトの保存はDavinciResolveでも必須!

そして、これを以ってAviUtlから卒業するかといえばそれは否。素材の使い方やプレビューを見ながら声を録音できたり、ノイズをカットしたりするのはDavinciResolveのほうが明らかに優位だけど、AviUtlのあの数多のプラグインとスクリプトの良さも捨てがたい。AviUtlは簡易な画像編集ソフトのようにも使えてしまうし……。

結局は他のソフトもそうであるように良いとこ取りするために併用するのが現状では一番かもしれない。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上
ウォルター アイザックソン
文藝春秋
売り上げランキング: 4,391
関連記事

気に入ったらシェア!

(o・ω・o)
この記事を書いた人: (o・ω・o)
自作PCやPCパーツ、ガジェットなど興味のあるデジタルデバイスについて書いたり、ちまちまとBlenderやAviUtl用のスクリプトを書いて配布中。ちなみにスクリプトの使用は自己責任でお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません