Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン
(o・ω・o)

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、おすすめの自作PC構成やPCパーツ、ガジェットの情報を配信中

【AviUtl】直前オブジェクトに追加して使う『キラリゆらりカラフル』を配布!【スクリプト】

2019年11月14日
AviUtlスクリプト(配布物と使い方の解説) 0

WS2019KM000364

キラリゆらりカラフルは主にテキストオブジェクトの下位レイヤーに置いた直前オブジェクトに追加して、テキストオブジェクトをキラリと光らせるために使用するアニメーション効果です。

上位レイヤーに置いたテキストオブジェクトの透明度がある部分に図形が閾値に合わせた個数だけ発生します。また、グロー効果を追加して文字を光らせたり、合成モードを変えて乗算で色を塗ったり、揺らしたりといったことが可能です。

サンプル

WS2019KM000357

テキストの揃えは、縦でも横でも中揃えじゃないと、図形の発生位置がズレてしまうので注意。

上の画像は直前オブジェクトにグローを追加して、クロス(4本斜め)、合成モードは比較明にしたもの。発生図形の色はランダム指定。

WS2019KM000358

これはテキストオブジェクトにさつきさんの段階グラデーションを追加したもの。

発生図形の色は設定内の原色にチェックを入れてやったことで、図形発生ポイントのテキストの色を継承。

WS2019KM000359

閾値の値を上げて発生図形を増やし、グローの形状をライン縦にしたもの。この状態でFrameの値を上げてやるとテキストが流水の中で揺れているように見える。

WS2019KM000360

上の画像と同じ設定で、グローの形状をライン横にしたもの。

WS2019KM000361

発生する図形のサイズを大きくしたもの。合成モードは乗算。発生させた図形の色でテキストを塗りつぶしたようになる。

縁取りを使ったり円以外の図形にしたりすると、より複雑な着色も可能。

WS2019KM000362

このように上位レイヤーにテキストではなく図形を配置することも可能。

WS2019KM000363

ちなみにこのようにぼかしが設定され、上位レイヤーのオブジェクトに透明度が発生している場合、キラリゆらりカラフルの透明度の値を変化させてやると、透明度に応じた発生を制御できる。

項目解説

WS2019KM000365

オブジェクトの配置はこんな感じ。上位に素材となるオブジェクトを配置し、その下に直前オブジェクトを配置して、そこにこの『キラリゆらりカラフル』を追加する。

ちなみに元のオブジェクトの移動や回転等には対応していないので、動かすときはグループ制御を配置して、元のオブジェクトと直前オブジェウトを一緒に動かすか、別Sceneに配置しておき、移動や回転はシーンオブジェクトとして読み込んでから行うのが吉。

また、テキストの揃えは中揃えにすること。

WS2019KM000367

  • 閾値:値が大きいほど図形が発生しやすくなる。
  • サイズ:発生する図形のサイズを指定。
  • 透明度:指定の透明度以下の部分に図形の発生する範囲を指定。
  • Frame:乱数を取得するための値。
  • 指定色:チェックを入れると、発生する図形の色が指定色になる。

.

WS2019KM000368

  • R⇔原色:チェック無しでランダム色、チェックありで、素材の色を継承。
  • 図形:発生する図形を指定。
  • 指定色:発生する図形の色を指定。
  • 線幅:発生する図形の線幅を指定。
  • SEED:乱数を取得するための値。

DL

.

.

『スクリプトの保存→導入までの流れ』

  1. リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISに変更する。
  2. FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、上記のリンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&S-JISで保存する。
  3. 保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → objに変更する。
  4. AviUtlのScriptフォルダにコピペする。

拡張子の変更例:キラリゆらりカラフル.txt → キラリゆらりカラフル.anm

.

関連記事

気に入ったらシェア!

(o・ω・o)
この記事を書いた人: (o・ω・o)
自作PCやPCパーツ、ガジェットなど興味のあるデジタルデバイスについて書いたり、ちまちまとBlenderやAviUtl用のスクリプトを書いて配布中。ちなみにスクリプトの使用は自己責任でお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません